武曲むこく事後解説

<BR>

<BR>ヨコハマらいぶシネマです。

<BR>すみません、投稿するのを忘れていました。

<BR>今更ですが、事後解説として読んでいただければと思います。

<BR>

<BR>武曲むこく事後解説

<BR>

<BR>戦うことでしか生きられないその先にあるのは破滅か、光か

<BR>

<BR>殺す気でついてみろ!

<BR>剣の鬼と恐れられる警察官の父によって育てられた男、矢田部研吾。

<BR>厳しい練習の末、剣の道で生きがいを見つけた矢先、

<BR>彼は人生を覆すような出来事に見舞われる。

<BR>すべてに対し投げやりとなり、剣の道も捨ててしまった研吾。

<BR>

<BR>そんな研吾のもとに一人の高校生が現れる。

<BR>ラップのボーカルとしてバンド活動をしていた羽田融。

<BR>彼は九死に一生を得た体験から、

<BR>生きる実感がなく生活していたが、ふとしたことから剣道の才能を見出され、

<BR>剣道部のコーチである僧侶、光邑みつむらに鍛えられていた。

<BR>

<BR>剣によって生きる意味を見失った男と、剣によって生きる意味を見つけた男。

<BR>二人はことごとく衝突し、激しく憎悪しあう。

<BR>そして台風が上陸した夜、魂をかけて二人は激突する。

<BR>

<BR>時代劇の剣豪のように、

<BR>現代の高校を舞台に剣道を突き詰め必殺剣を極めようとする二人の男を描いた

<BR>芥川賞作家、藤沢周の原作小説を、

<BR>私の男海炭市叙景などで、

<BR>独特の映像世界を作る熊切和嘉監督が映画化しました。

<BR>タイトルの武曲むこくとは、

<BR>北斗七星の第六星のことで、勇猛、剛毅、権力を表すといわれています。

<BR>

<BR>鎌倉の高校の剣道部を舞台に、

<BR>将来を期待されコーチとしても実力のあった男が、

<BR>ある一件ですべてを捨て酒におぼれる生活を送っている。

<BR>一方、まったく剣道に触れたことのなかった少年が、

<BR>ふとしたことから竹刀を持ち、

<BR>自由で無心な剣の才能をめきめきと伸ばしていく。

<BR>二人の才能を惜しんだ剣の師匠であり僧侶の計らいは、

<BR>激しい憎悪のぶつかり合いに発展する。

<BR>

<BR>映画もまた秋の北鎌倉を舞台に、刻と変わる光や天候をとらえながら、

<BR>二人の運命を濃厚に描きます。

<BR>

<BR>主演は、いまや日本映画になくてはならない多彩な演技派、綾野剛

<BR>コメディからシリアスまで作品ごとに、

<BR>そのスタイルを作り替える演技は今回まさに究極です。

<BR>凶暴にして繊細、大胆にしてストイック、過激に揺れる心をある時は全身で、

<BR>ある時は目の表情で、表現します。

<BR>さらにこの映画のために鍛えぬいた筋肉こそ、映画の持つリアリティそのもの。

<BR>

<BR>そしてもう一人は昨年、ディストラクションベイビーズで

<BR>繊細な演技を見せた村上虹郎

<BR>若さと純粋さで映画を全編、全力疾走します。

<BR>その力は終始酒によって迷走している研吾の対極にある、

<BR>生命力のエネルギー。

<BR>

<BR>二人を認め、その才能を惜しみながら支える僧侶。

<BR>光邑には名優、柄本明

<BR>剣道の指導者として、

<BR>そして古刹の住職としての存在感をたっぷりと見せてくれます。

<BR>

<BR>剣の鬼としておそれられる研吾の父には小林薫

<BR>研吾の行きつけの小料理屋の女将、三津子に風吹ジュン

<BR>出番は少ないけれど印象的な役で前田敦子も登場します。

<BR>

<BR>言葉や理屈ではなく、

<BR>激しい肉体の衝突が生み出すアクションが映画そのものを動かす、

<BR>そんな熱気のこもった映画武曲MUKOKU。

<BR>ぜひ大きな劇場で体感してください。

<BR>ジャックベティでお待ちしています。

<BR>

サニブラウンに似てる息子に、見た目似て

サニブラウンに似てる息子に、見た目似てるから頑張ったら早く走れるんちゃう?って言ったけど、無理やろ、ってそらそうやんな

ドゥテルテさんは

色々派手にやっているが、日本に有益なら手を組むべき。今のところは利害が一致してるし。

■河野外相、ドゥテルテ大統領を表敬=南シナ海安定へ連携

(時事通信社 - 08月08日 19:01)

広告を非表示にする

命のバトン

こんにちは今日も猛暑で暑いですね水分補給こまめになさって下さい

先日末に義理の祖母(旦那の祖母)が90歳で永眠致しました。

突然のことでビックリ!義理の両親も毎日煮物を祖父母に届けていてさっきまで元気に話していたのに

おじいちゃんからおばあちゃんが胸が痛いって言うから救急車呼んだとの連絡が義理の両親にありました

でも救急車って微妙で、空いてる病院とかに運んだりするからちゃんと専門家がいなかったりする。私の母は以前自分で呼んだが、そこの病院では異常なし!だけど痛みも増すし、吐き気もある。なので通っている救急外来へ行くと、尿管結石でした!

おばあちゃんもたらい回し、結局かかりつけの病院に行くことに!最初にその病院に言ってほしいと言ったのに行かない救急車断られたのかな

心筋梗塞ICU

一度両親帰宅したら、病院からすぐに来て下さいとのこと

行くと、心臓マッサージ中でした

お通夜と告別式は先週でした。

正直今つわりもピークで二日間も立ってたりするなんて厳しいなぁと思いました。

でもおばあちゃんにも両親にも妊娠したことを伝えたかったので行きました!

豆太も連れて

親族が沢山いました!2年前の結婚式以来に会いました豆太沢山の人でビックリ!はしゃいでチョロチョロしてました〜

タイミングが悪いですが義理の両親とおじいちゃんに妊娠したことを伝えると

とっても喜んで下さいました

特におじいちゃん!

悲しい知らせの中でまた新たな命が巡ってきたこと

おばあちゃんの生まれ変わりかもしれないと身体大事にしてねって!

とっても優しいおじいちゃんできればおばあちゃんにも生きてご報告したかったです。

家族葬だったのでほとんど親族といました。

旦那と私は受付をしました

初めての葬儀での受付

まぁ私は座ってお香典管理をしました

身内の葬儀は私が中学1年以来だったので、色勉強になりました!

私も歳を重ねたなぁ〜

結婚して改めて家族が増えたと実感しました!久しぶりに旦那の親族に会えて良かったですみんな孫は10代〜30代ひ孫ちゃんもいる!楽しむ場ではありませんが楽しかったです

お洒落なおばあちゃん!お花を棺に入れたらいっそう笑ってました

おばあちゃんはお洒落で、90歳なのにシミを隠したくてコンシーラーを買ってきてとおじいちゃんに頼んだそう。それを使うことなく逝ってしまったと

私がおばあちゃんに会ったのは2回だけですが、笑顔が素敵なおばあちゃんでした

結婚式の時は凄く喜んでくれて写真にも笑顔のおばあちゃんが写っています

ありがとうございました命のバトンを私達が引き継ぎますほんと女の子だったらおばあちゃんの生まれ変わりだなぁ

とにかく今は安静に、この子を全力で守りたいと思います!

昨日病院に行ったら小さな手足が出てました可愛い〜

でも私の方にポリープがあるらしく

どうなることやら

子供を授かるということは命の瀬戸際なんだな〜

とにかく無事に健康に育つことだけを祈りますおばあちゃんに似て元気に長生きしましょう

ありがとうおばあちゃん

広告を非表示にする

クロスオーバーイレブンが帰ってきた

この夏も帰ってきました。夜ふけにはやっぱりこの渋い低音、津嘉山正種さんの魅惑のナレーションもそのままに、NHK-FMの名番組「クロスオーバーイレブン」!今週1週間の放送、きのうがその1回目。一日の終わりにふさわしい、落ちつきがありながらも多少骨のある、いわゆる“クロスオーバーイレブンで流れそうな曲”ばかりがきっちりと流れておりました。

そう、“クロスオーバーイレブンで流れそうな曲”、もちろんリスナーが100人いれば100通りのイメージあり。私の場合はなぜか80年代前半のアイランド・レーベルがらみのアーチスト、グレース・ジョーンズとかサード・ワールドとかウォズ(ノット・ウォズ)とかをイメージしてしまうんです。乾いた感じの音とでもいうか、まあでもこれはホントひとそれぞれだと思いますが。

なのでその反面、デヴィッド・ボウイ1984年に「トゥナイト」というアルバムを発表したときは、そのあまりにも落ち着いた音の構成に「ボウイが“クロスオーバーイレブンで流れそうな曲”を作ったらあかんやろ」と思ったこともあり。当時のボウイにはもうちょっとトガッた曲をお願いしたかった…などと言いながら、今夜のオンエアではその時期のボウイがきっちり流れるんですけどね。

そしてやっぱりこの番組といえばエアチェック。FM雑誌の番組表には曲目が載るも、スクリプトの間のどこで曲が流れるかわからない。カセットデッキのポーズボタンに指をかけながら、ナレーションに耳をかたむけるこのスリル!おそらくこれは誰もに共通した体験のはず。とにもかくにも今宵11時、ラジオに耳をかたむけて思い出に浸ろうではありませんか。

アリスの誘惑とハープ

今月末から秋冬に向けてのファー作品や

今年のマイテーマのアリス作品も

ぼちぼち準備を始めています()

先ずはマザーズバッグかな?

こんな感じの迷彩柄的なアリスっていいですよね()

新しい生地も入荷していま〜す。

こちらは、

生地のどのパネル部分を見ても

まるで絵本から飛び出してきたかのような

素敵な絵柄です

アリスファンにはたまらない生地ですよね(/////)

ターシャンもめっちゃめっちゃ誘惑されています

::::::::::::

昨日は楽しみにしていたハープのレッスンがありました。

ターシャンは右指の捻挫で指にまだ力が入りませんが

先輩方のレッスンを見るだけでもいいんです。

とても楽しみなんですよ()

今月予定していたターシャンのボランティアデビューは

見送りましたが

来月には指の調子も戻るでしょう(笑)と願って

9月にはデビューしたいと思っています()

ターシャンのギャラリーはこちらです。

からもご覧いただけます。

いいこといっぱいありますように(人)